先月の「楽座楽市」に出品した利用者さんの手作りの“心に響くカレンダー”、その後反響があり増刷する事になりました。

   | 0

先月の「楽座楽市」に出品した利用者さんの手作りの“心に響くカレンダー”、その後反響があり増刷する事になりました。

一緒につむぎを利用されている他の利用者さんから欲しいと声があがったり、いつも利用されている介護タクシーの運転手さんにも欲しいと言われた!と嬉しそうに話してくださいました。

今日は奥さんもカレンダー作りのお手伝いに駆けつけてくださり、2人で力を合わせて作業されている姿がとても素敵でした。
作成中は何度も「もう疲れた。」と言われていましたが、顔は嬉しそうにほころんでいました。

*写真の掲載は許可を得ています